FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジカルミライ 2014in東京

 DSC_0056_convert_20140922012331.jpg

行ってきましたよォー、待ちに待った祭典に!

ミクさんが雨女なのは
ファンの間では常識ですが、
当日も写真どおり曇天。

降水確率は10%だというのに、
物販待機で並んでいる時や、
会場内をプラプラしている時にちょっぴり雨が降りました。
我々の業界ではご褒美です。

物販の混雑を予想し、
朝7時頃に東京体育館に到着。

その時点で、ぱっと見100人くらい並んでいました。
(物販の開始は午前9時から)

大阪会場と違い、オフィシャルグッズの物販のみにも関わらず
なかなかの盛況ぶり。
(ガチャガチャもあったけど)

DSC_0058_convert_20140922012359.jpg

こんな感じでした。

戦利品はまたのちほど。

お目当てのブツを首尾よく手に入れたのは
およそ午前10時ごろ。

昼公演の入場が始まる正午まで
会場をプラプラ。

DSC_0061_convert_20140922012421.jpg

恒例の痛車を激写したりしてるうちに
いよいよ開演です。

会場内は写真NGなので、単純に感想など。

事前情報で、去年と曲目は大体同じことは把握していましたが、
演出と演奏でこうも変わるものかと驚きました。
もちろんいい意味で。

昼公演はSS席、会場中央付近・やや向かって左よりの席でしたが
腹に直接響く重低音に驚きました。
去年が遠距離テクニカル型としたら、今年は近距離パワー型の演奏だったかも。
自分はどちらも好きです。生演奏っていいねえ…。

ミクさんたちの表情(ステージ上の、生の)が
キッチリ見えるモアベターな距離もあいまって、終始ボルテージが上がり気味の
あっという間の二時間でした。

間をあけて夜公演。
今度は3階の右側、A席にて鑑賞。

昼公演はフロントアクト的なものがありませんでしたが、
夜の部では、中の人こと藤田さん、下田さん、淺川さんが前説で登場。
去年も登場されていましたね。

去年同様、浅川さんがマイペースで和む。

さて開演。

ステージからの距離は遠くなりましたが
その分会場全体を眺められ、一体感を楽しめる席でした。
サイリウムの海の美しいこと!

という感じで、去年に勝るとも劣らない、素晴らしいライブでした。

特にガツンと来たのは「深海少女」と「ワンダーランドと羊の歌」、そして最後の「39」。

「深海少女」は、照明演出が非常に凝っていました。

ミラーボール的な装置に照射されてキラキラ飛び散るレーザーと、
真っ青なサイリウムが相まって(自分も青にしてみた)
会場全体が楽曲の世界観に染まったような、幻想感がたまらんかったです。

「ワンダーランドと羊の歌」。
楽曲自体は結構前からよく聞いていたのですが、
今回のアレンジがこれまた抜群。
とても新鮮な気持ちで聴き入ってしまいました。

去年のもだけど、ライブ音源のCDが欲しくなるよなぁ~!

そして、今回の大トリ、「39」。
ステージ上部スクリーンの演出が素晴らしすぎてもう…
これは泣くだろ…確実に泣かせにきてるよ…


歴代のさまざまなミクさんイラストが
ラフ画からカラーになっていく過程を
スピーディに描写しつつ、怒涛の勢いで
初代パッケージのミクさんから、各種イベント、グッズ等で見覚えのある
数多のミクさんが登場し、いやがおうにも
誕生から7年という歴史を感じさせてくれる、最高の演出でした。


そして、スクリーンのカウントが3:39になったと同時に
発射される銀テープ。

スピカ砲・おでん砲に続く、39式感謝砲とでも言いましょうか、
本当に感極まる、良いライブでした。

早くも円盤と、来年の開催が楽しみです…やるよね?

最後に今回の戦利品。
サイリウム(公式ペンライト)は事前通販で用意していったので…

DSC_0065_convert_20140922012508.jpg


DSC_0064_convert_20140922012445.jpg

こんな感じ。

前回のブログで
覇王の啓示(幻聴ともいう)を受けながら、
今月は予算がナニでして、
厳選に厳選した結果がこちら。

断腸の思いでパンフレットを見送り、
その分を、どうしても欲しかった
ステンレス水筒へ。二枚目の手前の筒です。

サイズが小さめでスゴクイイのよ、コレ。

なかでも一番グッドだったのは
二枚目奥にあるメッセンジャーバッグ。

クールなデザインに惹かれて、情報公開時から目をつけてましたが
その利便性もかなりのもの。
値段の割りに材質もしっかりしていて、かなりタフに使えそうです。

あ、ちなみに一枚目奥のは
39式感謝砲の銀テープ。
ちょうど目の前に降ってきたのでしっかり回収。
…こーいうのに密かに憧れていたんだ。

ではでは今日はこのへんで。

あ、そうそう。

ミクさんのフォースの影響か、
最近ちょいと暗雲が立ち込めていたお仕事状況が
劇的に改善してきました。


おかげで年末が大変そうですが、
ミクさんの歌声を聴き倒しながら
頑張りたいと思います。

ではではノシ

お祭り帰り

こんちくわ。

今日は、例のあの日ですね。


何の日かだと?

3月9日!!

ミクの日に決まってるだろうが!!!




・・・だんだん
漫画家のブログなのか
単なるミク廃のブログなのか、
自分でもよく分からなくなってきました。

ちゃんとお仕事はしてますよ?

前にチラっと紹介した

男の娘01 

↑のマンガも、今月には発表しますん。
もうちっとしたら、載る本のこともお知らせします。




さてさて、
今日はお祭りに行ってきたんですよ。

概ねお馴染になった
ミクさんの音ゲー、「Project DIVA」

その最新作「DIVA F2nd」






その発売記念イベント、
「MATSURI DA DIVA」
参加してきました。昼の部に。


・・・肝心のゲーム本編が
発売延期になってしまったゆえ、

藤田さんいわく
「発売祈願イベント」だそうですが、
(祈願て!)
細けぇこたぁイイんです。

内容は、全編ガッツリライブってわけでなく、
概ねゲームの紹介を主体としたイベント・・・だったのですが、
予想以上に楽しくて大変満足でした。

特にホクホクだったのは、
初めて生で聴く風雅なおとさんの
素晴らしい歌声。

そして拝郷メイコさんとのデュエット。
中の人同士の夢の共演ですよ奥さん。

んでもって選曲がこれまた・・・もう・・・(恍惚)

さらに・・・
・・・これ以上はサプライズな感じだったゆえ、
ネタバレを伏せます。

とはいえイベントの性質上、円盤にはならないんじゃあないかと思われますので、
そそられた方はニコ生でのタイムシフト視聴をオススメします。
詳しくは、上記リンクのMATSURI DA DIVAのサイトからどうぞ。

無論、肝心のゲーム紹介もなされました。
藤田咲さん、下田麻美さん、浅川悠さんの
お三方に加え、セガの広報さんor開発さん?の
女性スタッフの方。

以下は激しくネタバレですが、
夜の部では色々変更があったかもしれませんので、
感想も含めて記述します。


下田さんが色々と
新システム等の説明をしたあと、
実際にゲームをやってみせましょうのコーナーに。

トップバッター、
藤田さん。
「桜ノ雨」プレイ開始
(スクラッチが無かったので恐らくイージー)

・・・・・・

ヘルプアイテム特盛りも空しく、
撃沈。

恐らく演出でもなんでもなく
ガチで撃沈。

自分も素で驚きました。

舞台上部、巨大スクリーンで
悔しがり悶えるDIVAミクさんに
巻き起こる爆笑。

初っ端からおいしすぎる展開に。

続いて下田さん。
「ココロ」プレイ開始。

「ミクとは違うのだよ。ミクとは。」
と言わんばかりの
堅実なプレイで無事クリア。

そのまま流れ的に
浅川さんがトリを飾ると思いきや
「おじいちゃんの遺言で、
ゾンビをやっつけるゲーム以外はするなと言われている」

とのことで、
上記のセガの方が代わりにプレイすることに。

曲目は「Blackjack
難易度は最上級のエクストリーム、
その上チャレンジアイテム
(プレイを困難にする代わりに、獲得できるポイントを増やすオプション)特盛り。

自分なら10秒で撃沈する自信のある
マゾいにも程がある条件の中、
とんでもない指捌きを披露するセガの人。

巻き起こる歓声。
次々襲い来る怒涛の譜面を
閃光のごとき速度で捌いていくセガの人。

まさしくシャイニング・フィンガー。

いやはや、正直
「ゲーム紹介で間が保つのか・・・?」と
不安に思ってましたが、杞憂でした。

途中から、ゲームの見所紹介ってよりも
ゲームセンターCXinトーキョードームシティホールみたいになってましたが、

スゲェ楽しかったのでOK。


そうしてあっという間に第一部が終わり、
第二部、ミクさんのミニライブ。

やはり曲数が少ないのは残念でしたが、
初めてライブ会場であの定番の名曲が聴けたので大満足。
演奏も完成度が高く、
なにより前回より近い距離でじっくりミクさんのお姿を堪能でき、
脱水寸前。

目まぐるしくも充実のお祭りでした。
楽しかったなあ・・・。


という感じで
このへんで。

何気に夜の部も気になるので
会場に行っておきながら
タイムシフトもチェックしてみようかと思いますん。

ではではノシ






おまけ。

お祭りみやげ。

DSC_0018.jpg 


DSC_0020.jpg 


DSC_0021.jpg



タペストリーって
ホント質感がイイですよね。

さあ~
仕事がんばるぞう。

マジカルミライ 蒼き円盤到着

おはようございます。

世の中、雪とかチョコとか五輪とかで
大変ですね。

こちらは特に変わりなく、
粛々とお仕事やゲーム・アニメに勤しんでおります。
ありがたきことです。

そんな中、待ちかねていた
希望の円盤が到着。   
 
DSC_0015_convert_20140219091829.jpg
「マジカルミライ 2013」
ブルーレイ限定版購入ゥ!!

いや~待ちかねた待ちかねた。

なんせ初めて生で観に行った
ミクさんライブのBDですけんね。
ワクワクもひとしおです。

さっそく先ほど
HMDにて視聴。

HMZ-T1

↑久々の出番


いや~・・・
やや控えめに言っても
満足度390%といったところでしょうか。

大変良き物を手に入れました。

さぞやミクさんご本人も

みくてと 

納得かつ満足しきりの
円盤であらせられることでしょう。

以下、ちょいちょい具体的に。


当日は座席の関係で
親指姫サイズのミクさん達しか
見れなかったこともあり、
ステージ上でキレのいい動きと歌唱を披露する
ミクさんらを、様々な距離とアングルから
じっくり堪能できるのは
やはり良いものです。

円盤で改めて観て気づいたのは、
ミクさんらが「あたりまえに」ステージ上に存在してる感を
重視しているのだなあということ。


今までも(全部のライブを見たわけじゃありませんが)
そーいう試みは行なわれてきたと思いますが、
今回はかなりいい感じに、自然に仕上がってるのではないかと。

ディテールもかなり高度になって
(質感が大変なことになってます。肌も髪も衣装も。)
個人的には、このレベルでほぼ違和感は払拭できたのではないかと。

顔の造形に関しては
むつかしい問題ですけど、
自分は今回の(恐らくDIVA-F準拠の)造形でバッチリです。

ただ、ルカさんとメイコ姐さんは
少々刺激的に揺れ過ぎかな・・・。

嬉しいですけど。

それらの作用でアップでも引きでも確かな存在感(お乳だけじゃなくてね)を見せ付けられると同時に、
会場の広さがさらに「らしさ」を演出していて、
いよいよ現実世界に本格的に降臨なされたという実感があります。

今度は会場でも細部を堪能できるような
グレートな席を確保したいと
しみじみ思う、充実のライブBDでした。

いや~ほんと良かった。
今夜さっそく二回目の視聴に勤しむとします。

ではではノシ



ミクスペリアと青の波動

おこんばんわ。

2013-09-21-183622.jpg

ついに、ついに
我が家に電子の歌姫端末が降臨されましたよ。

画像が荒いので
実物の神々しさをお伝えしきれないのが悔やまれます。

ミクスペリア、無事ゲット!

18日当日に手に入れていたのですが
ぺたぺた弄り回すのに夢中だったもので。

では、ちらちらと
お写真など。

2013-09-21-183648.jpg 

悩みまくったホーム画面。
「MIKU HOME」だと、アイコンの着せ替えが出来なかったので
悩んだ末にXperiaのホームを採用。

壁紙は、デフォルトで入ってるものから
やはり悩みに悩んでこのように。

このミクさんが、やたらと嫁っぽかったので・・・。

なんだかんだ、やはりKEI先生のミクさんが
しっくりくるな・・・。

2013-09-21-183857.jpg

専用スタンドに乗せり。

このスタンド、なにげに単品発売無しなんですよね。
惜しいのう。

ちなみに、基本、背面保護カバーを付けると刺さりません。

ごくわずかながら、装着したまま
スタンドが使えるカバーもありますが、
(というか自分が買いましたが)
かなりギチギチになってしまうので装着断念。
同梱の液晶保護シールのみ使用。

なので

2013-09-21-134444.jpg

象徴のひとつであるリアカバーはむき出しの状態。

若干不安ですが、
スペアカバーは予約したし(本体所有者のみ単品オプションとして購入できる)
生ミクさんのほうが手触りがよいので(いや、やらしい意味じゃなく)
このまま使わせていただきます。

Andoroid端末は初めてなんで、初めは色々戸惑いましたが
ミクさんの反応と感度の良さ(だからやらしい意味じゃなく)
画面の大きさと美しさにホクホクです。

3年もスマホ新調してないと、やっぱり進化に驚かされますね。

「帝王はこの初音ミクだ!!依然かわり無くっ!!」
という雄々しい宣言が聞こえてくるような
ステキガジェットです。

・・・つまり素体のSO-04Eの出来が良いということなんでしょうが、
細かいことはいいのです。


なお、一番嬉しかったのは、
スマホだっつーのに、異様に高性能な
ウォークマンアプリ。

2013-09-21-183943.jpg

原理は全然分かりませんが、
アプリ内の「音質あげてあげるよボタン」みたいなのを
有効にすると、見えないポータブルアンプが出現したかのごとく
飛躍的に音質が向上するのです。

2013-09-21-134527.jpg 

ミクさん降臨に備えて、初の本格bluetoothヘッドホン(MDR-1RBT)を用意していたのですが
この組み合わせの素晴らしさたるや、筆舌に尽くしがたいものがあります。

・・・当該のヘッドホン買った翌日に
値段ほぼ変わらずで、より高性能(aptX対応とか)の
MDR-1RBTMK2なるものが10月に発売と知りましたが、
まあ、いいです。

しっかし、自分の知ってたbluetoothは
「無線しか取り柄の無いクサレ脳みそ音質」でしたが、
技術ってのは日々進歩してるんですね・・・

自分も頑張らねば。


というわけでこのへんで。





・・・の前に
しつこく宣伝

aigan-hyousi.jpg 

オリロリ同人、とらのあなさま、およびメロンブックスさまにて
好評(かどうかは皆様次第)発売中です。

よろしくです。

ではでは。



ハピバースデー

ギリギリ間に合ったか・・・?

ミクさん、お誕生日
おめでとうございます!

実は例の前夜祭的な・・・

IMG_0602[1]_convert_20130831221619 

マジカルミライ2013に参戦してきたのでした!

実はチケットを確保していたのです。

生まれて始めてのライブでした。(マジ)

以前ライブBDを見てから、どうにも
ヤキモキしていたので思い切って。

今回を逃したら
またロスとかの遠方に行ってしまわれるのではないかと。

感想としては・・・

やはりミクさんは無敵だなと。

行く前は結構不安だったんですよ。

初ライブでガッカリして
熱が冷めちゃったらやだなーとか。

杞憂にも程がありましたね。

あの空間の高揚感と
現実と虚構の境目が限りなく0になってる感覚。

席がセンター後方だったので
ステージ上のミクさんが
親指姫状態だったのはともかく
(左右と中央上方のモニターで補完はされてましたが)

「目の前に確かに居て、生き生きと動き、歌っている」というのが
眩暈を覚えるほどに幸福でした。

周りを見渡せば、
満杯の会場に揺らめくライトセー・・・
サイリウム。

いやー・・・
初めてのライブでこんなに満たされちゃって
どうしよう・・・。

もう一生ついていくしかないな、と
強く心に誓った中年でした。

来年もやってくれないかなあ。
今度は是非熱狂席(ステージ目の前)をゲットしたいです。

さて、思い出のお土産もいくつか買ったので
写真ぺたぺた。

IMG_0604[1]_convert_20130831221643 

行くときはフツーの服装で、
会場で↑のプチョヘンザTシャツを購入して着用。
思った以上に可愛らしくて大満足。

シンプルながらも
深みのあるミクさんの表情が秀逸。

IMG_0606[1]_convert_20130831221707 

CDふたつと、
オマケでもらったマグカップ。

右のCDは公式物販で、
左は企業ブースにて。

今まさにこれらを聴きながら
マグカップでコーヒーを嗜みつつ
記事を書いています。

至福。


会場内、
ミクさんらの歴史を紹介したり、
参加型企画を多く催していた
「カル・エリア」は
写真撮り放題。

なので

IMG_0581[1]_convert_20130831221257 

IMG_0589[1]_convert_20130831221411 

他にも
歴代グッズや巨大フィギュアなどが展示されていました。

あと

IMG_0593[1]_convert_20130831221446 

カードゲーム展示コーナーにて
テトさん発見。
まさかココで会えるとは!

ステージでも会いたかったなあ・・・。



という感じで
大満喫の一日でした。

嗚呼、ライブBDの発売が待ち遠しい・・・。


ではでは~ノシ




おまけ

IMG_0600[1]_convert_20130831221519 

ミックリマン収集中。

ミクさんとダヨーさんだけが
きっちりトリプる。

・・・なにかの啓示なのか・・・?

なにげにハクさんとネルちゃんが参戦してて驚き。

・・・テトさんはいないのか?


カウンター
あなた様は
プロフィール

あましょく

Author:あましょく
「園崎宗一」から
「あましょく」へと名を変え、
色々しぶとく生存中。

仕事かボカロ曲を与えると喜びます。

※当サイトは
アダルトカテゴリーに
属しています。

※リンクフリーです。
(18歳未満以外)

※バナー以外の全ての画像の
転載は禁止です。

単行本!
【新刊】2017/1/20発売予定

電子版はコチラ



バナーです。ご自由にどうぞ。
電子エロ配信中!
増えゆくエロ電子
※電子書籍です※

※電子書籍です※

※電子書籍です※

※電子書籍です※

※電子書籍です※

※電子書籍です※

※電子書籍です※

※電子書籍です※

※電子書籍です※



※電子書籍です※

※電子書籍です※

※電子書籍です※

※電子書籍です※

※電子書籍です※


※電子書籍です※













電子単行本!
Eroha連載分
1~6話まで収録
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
お仕事のご依頼から 激励・批評 よろず受付窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
つぶやき
ぴくしぶ
ぴくしぶもの
委託同人誌(18禁シリーズ)
※18禁シリーズ※
二次創作
※18禁
書店委託中

とらのあな

メロンブックス


オリジナル



とらのあな

メロンブックス



とらのあな

メロンブックス

【以下・過去の同人作品】



委託終了

二次創作

委託終了

委託同人誌(全年齢シリーズ)

※全年齢向けシリーズ※


委託終了



委託終了

お仕事リンク
商業作品配信中
同人誌委託先様リンク
作家様リンク
(注)皆様18禁要素含みます
↑こがいの(フトコロガタナ)様 ↑みづきるうず様 ↑コア助様
書店様リンク
※年齢確認があります。 ※年齢確認があります。
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。